「文部科学省のリクルートチーム、noteはじめます。」
見出し画像

「文部科学省のリクルートチーム、noteはじめます。」

国家公務員。文部科学省。
そもそも何をやっているんだろう。
どんな人がいて、どんな仕事、働き方をしているんだろう。

あ、自己紹介が遅くなりました。
私たち、「文部科学省リクルートチーム」です。

普段は、教育・科学技術・スポーツ・文化など、文部科学省が担う様々な分野の仕事をするかたわら、ある重要な「ミッション」を与えられ活動している20代~30代の若手職員の特命チームです。

そのミッションとは、ずばり、
「就職先を考えている一人でも多くの方に『文部科学省』を知ってもらうこと」です。

ニュースなどでは、国家公務員のブラックな一面だけが取り上げられ、何かと誤解されがちな私たちですが、
・とってもユニークな人、
・わくわくするプロジェクトに取り組んでいる人、
・海外で活躍している人、
色々な人がいて、そういった1人1人の個人が集まって、文部科学省を作っています。

・若手職員が実際にどんな仕事をしているのか
・国家公務員は激務だとよく聞くけど、ワークライフバランスはどうなのか
・2年くらいで異動があると聞くけど、どんなキャリアパスを歩んでいくのか
・留学や研修など、スキルや経験を深めるために、どんな機会があるのか
そういった文部科学省のありのままの魅力について、チーム員が自ら取材し、発信していきたいと思います。

特命チームなので、どれくらいの頻度で発信できるか分かりませんが、長い目で暖かく見守っていただけるとありがたいです。

等身大の自分たちを知って欲しくて、その思いに共感してくれる人たちを見つけたくて、一緒に日本の未来作ってくれる人たちを探したくて、文部科学省のリクルートチーム、noteはじめます。

今後の記事をぜひぜひお楽しみに~。

文部科学省やその中で働く職員の魅力について、分かりやすくお届けしていきます!